独立したらフリーツールを活用して効率アップ!

集まれ!独立志望プログラマ

フリーツールで効率アップ

フリーツールで効率アップ

フリーランスにおすすめの3ツール

会社で働いていた時は、開発に必要なツールや環境は会社が用意してくれていました。しかし、プログラマとして独立すると最初から全部自分で用意しなければなりません。独立して間もない頃は、お金や時間をかけて様々なソフト導入したり、環境構築をしている余裕はありません。そこで、ノウハウとして、独立プログラマの方におすすめのコミュニケーションツール、ChatWork(チャットワーク)と時間管理ツールTogglとマルチプラットフォームサービスのRemember The Milkの3つのツールを紹介します。

ChatWorkについて

ChatWork(チャットワーク)は、業務上の効率化とそれによる会社の成長を目的とするコミュニケーションツールで、ビジネスを加速するために生まれたクラウド会議室です。メールや電話、会議に代わって情報共有の効率アップを図ることができます。チャットワークにはビジネスを加速させる4つの特長があります。
まず、伝えたい内容をチャットで的確簡潔に相手に伝えることができるようになる情報共有の効率化です。そして、パソコンやマイクやカメラ、またはiPhoneのスマートフォンアプリがあればいつでもどこでも会議に参加することができます。場所を選ばすにいつでもどこでも会議ができるのです。そして、依頼タスクを可視化し、タスク管理をしっかりと行うことによって、タスクが漏れていたり手つかずで放置されているといったことがなくなります。

大容量のファイルでも簡単に共有でき、ファイルを一元管理することができるため、効率化が図れます。
プログラマー向けおすすめアプリ

Togglについて

時間管理するサービスは沢山ありますが、本当にストップウォッチ的な感覚で時間を記録できるサービスがtogglです。シンプルな機能で時間管理でき、しかも無料です。例えば、1日にどのくらいの時間仕事をしているのか、どのプロジェクトに何日かけているのかを把握することで、時間をかけすぎている作業と時間をかけるべき作業とのバランスが見えてきます。会社員時代は半強制的にでも日報ツールなどで、どんな作業をどのくらいの時間をかけて行っていたか記録したことがあるかもしれません。

独立プログラマの時間管理のお助けツールです。
プログラマー向けおすすめアプリ

Remember The Milkについて

Remember The Milkは気軽な感じで使えるフリーサービスのマルチプラットフォームです。無料でEvernoteやGoogle calendarといったサービスとも連携できる点が魅力です。タスクを登録する際や完了した際には、登録者や担当者宛にメールが送られるため、離れた距離にいてもきちんとプロジェクト管理ができます。

フリーランスはもちろん、いっしょに仕事をするクライアントの方にもおすすめのツールです。
プログラマー向けおすすめアプリ

独立したいと思ってる人におすすめ

PAGE TOP

Copyright © 2015 集まれ!独立志望プログラマ All Rights Reserved.