独立志望のプログラマの必須知識!節税の仕組みをご紹介

集まれ!独立志望プログラマ

節税の仕組み

節税の仕組み

独立後の納税

プログラマとして独立すると税金を自分で納めなくてはなりません。この点が会社勤めをしていた時と比べると大きく違う点です。いかに節税するかという節税のノウハウを知っておくことが重要といわれています。普段から節税を心がけるかどうかで、大幅に負担額が変わってくるといわれます。また、独立すると税金の計算方法が変わります。サラリーマンの所得は給与所得とよばれ、独立したプログラマの所得は事業所得になります。
サラリーマンの給与所得は、収入金額から給与所得控除が引かれます。これは給与所得の収入金額によって金額があらかじめ定められています。しかし、独立したプログラマの所得は会社勤めをしている時の給与所得控除を引いてはもらえません。例えば、取引先からお金が振り込まれればそれは売り上げとなりますが、所得はそこから家賃や光熱費、インターネット通信費、仕入れ代、交通費などの諸経費を差し引いたものになります。所得税はこの給与所得や所得を元に計算されることになっています。そのために、諸経費はきっちりと把握して、正確に記録しておくことが大切になります。また、きちんと諸経費を記録していつでも客観的に示せるようにしておくといった手間が節税につながるのです。

節税ノウハウを知っておく

サラリーマンと独立したプログラマとの所得の計算の仕方の違いは、所得そのものの定義が異なるところからきています。個人事業主が節税をしたいなら、経費をきっちりと記録して客観的に示せるようにする手間を増やすことがポイントになります。そのためには、何が経費に当たるのかを正確に把握しておくことが大切です。
経費とは給料賃金や外注工賃、建物や車や備品などの減価償却費、荷づくり運賃、水道光熱費、旅費交通費、通信費、接待交通費、修繕費、消耗品費などの項目があります。節税というのは無駄な税金をカットするという意味ですが、10万円未満のノートパソコンやタブレット端末、プリンタ、スキャナー、コピー機などの備品を必要な範囲内で購入しておくという方法が節税するためのポイントといわれています。消耗品費は使用可能期間は1年未満か、取得価額が10万円未満の什器備品の購入費と定義され、文房具、コピー用紙、ガソリン、プリンタインクといったもののことです。

控除を活用する

さらに、独立プログラマとして法人化するという方法があり、法人は個人と税率や経費の取り決めが異なるといわれています。小規模企業共済を利用すると節税になるといわれています。小規模企業共済は、事業廃止時の積み立て金に応じた共済金を受け取れる制度で、積立金は全額控除対象となります。また、医療費も控除対象になります。例えば、売り上げが上がった年は、歯科医院で矯正治療を行ってもらうなどすることで医療費控除が受けられ、節税にもなり、健康上のメリットもあります。

独立したいと思ってる人におすすめ

PAGE TOP

Copyright © 2015 集まれ!独立志望プログラマ All Rights Reserved.