失敗例と対処法を把握して独立後の活躍に活かそう

集まれ!独立志望プログラマ

独立後にありがちな失敗とは?対処法もチェック

独立後にありがちな失敗とは?対処法もチェック

案件を安定して受注できない

継続的な収入を維持するためにも、独立後は案件を継続的に受注していく必要があります。フリーランスは自由度が高いとはいえ、仕事をするという立場で言えば会社員として働くことと変わりありません。 会社勤めの場合は仕事内容が決まっており、仕事が枯渇してしまう心配はほぼないでしょう。しかし、独立プログラマは自ら案件を受注しなければ仕事が枯渇します。この違いをしっかりと踏まえたうえで、クライアントから「またお願いしたい」と思ってもらえるような仕事をして信頼関係を築いていくことが大切です。
独立後に案件を継続的に受注することは、実績づくりに直結します。実績を作ってクライアントからの信頼を得ることが、案件の継続的な受注に不可欠です。
自由度の高さばかりに気が取られると、フリーランスとしてスキルを磨き続けるという意識も欠けてしまう可能性があります。独立後の一年間は特に失敗しがちだといわれているため、自由な環境に浸るばかりではなくまずは案件を安定して受注できる体制を整えることがポイントです。

事務処理に時間を取られる

会社員のときは、事務処理を行う担当のスタッフがいたと思います。しかし、独立後は、身の回りの業務をすべて自分でこなす必要性が出てきます。プログラマとして独立したものの、決算業務や確定申告などに手間取って本来の作業時間を圧迫してしまうケースも多いようです。その結果、クオリティに響いて良い仕事ができなかったという事態にもなりかねません。
このようなケースを回避するためには、会計ソフトの活用がおすすめです。税理士に依頼するのも確実性はありますが、相応の費用が発生します。その点、会計ソフトは費用を抑えたい方にとって重宝できる存在です。 仕訳入力や勘定科目などの自動化に対応しているものや、クレジットカードと同期しているものなど、ソフトによってさまざまな特徴があります。利用料金や仕様などを把握したうえで、適したものを選ぶといいでしょう。

安易に仕事を引き受けてしまう

案件を多く受注できることは、独立プログラマにとってうれしい限り。しかし、案件の量や仕事内容などはシビアに考えておく必要があります。会社勤めの場合は、チームで仕事を進めたり割り振ったりして業務を進めていけます。その反面、独立したらすべてを自分の裁量で進めていく必要があることは忘れてはいけません。
許容範囲を明確にしないままどんどん案件を受注すると、フリーランスの最大のメリットである自由度の高さそのものが失われます。収入に直結する案件獲得、プライベートの時間に直結する仕事量、これらのバランスをしっかりと考えたうえで仕事を引き受けることが大切です。
このほか、自身にとって無理のない範囲での仕事量だとしても、適正価格でなければ収入は安定しません。クライアントによっては相応の対価を定時しないケースもあるため、適正価格を把握しておくことは欠かせません。場合によっては断ったり交渉したりして、安易に仕事を受けない心構えが重要です。

独立したいと思ってる人におすすめ

PAGE TOP

Copyright © 2015 集まれ!独立志望プログラマ All Rights Reserved.