プログラマが独立すると「選択できる自由」が手に入る

集まれ!独立志望プログラマ

選択できる自由

選択できる自由

休む曜日と休む日数を選べる

会社勤めをしている多くの方々にとって、休日は土日というのが一般的でしょう。休日が土日だと、どこかに出かけたくても基本的には土日にしか出かけることができません。土日に人気スポットに行くと混んでいるのが当たり前で、できればもっと空いている時に来たいなと思ったことのある方は多いかと思います。
フリーランスであれば、休みの曜日というのは決まっていません。好きな時に何日でも休むことができます。平日に休みを取れば、比較的空いた状態の人気スポットを楽しむこともできますし、平日にしか開いていないようなお店などに出かけることもできます。また、平日だけ遊べるような友人と遊びに行くこともできます。何日かまとまった休みを取るようなこともできます。たとえば実家に帰りたくても、土日が休みの会社勤めの方は普段実家に帰ることは難しいかと思います。しかしフリーランスなら、好きなタイミングでまとまった連休を取れますので、夏休みやゴールデンウィークのような大型連休以外でも実家に帰ることが可能です。連休を平日に取れば、実家が遠い方が車で帰るようなこともできますし、新幹線や飛行機なども混雑を気にせず帰ることができるでしょう。
このように、好きな日や好きな曜日を選んで休むことができるというのは独立したフリーランスならではのメリットになります。

勤務時間と休憩時間を選べる

フリーランスは会社に所属していませんので会社の規則に縛られることがありません。勤務時間を自分で自由に設定することが可能です。始業時間も終業時間も自分で決めることができます。朝夕の通勤ラッシュの電車に乗らなくて済むようになります。仕事を始める時間が決まっていませんので、たまたま朝早く起きてしまった日でも早い時間から仕事をしたい気分であれば早い時間から仕事を始めるといったこともできますし、逆に遅い時間から始めることもできます。仕事を早く終わらせて、午後から遊びに行くという変則的なことも可能です。
勤務時間を選べるということは、休憩時間も選べるということです。休憩時間が選べるということは、好きな時間に昼食を食べに行くことができますので、お昼時に混雑するような人気の飲食店であっても比較的お客さんの少ない時間帯を狙って食べに行くようなことができます。他にも、車で少し離れたところへ食べに行ったり、喫茶店に行って一休みするようなこともできます。

住む場所の選択肢が広がる

フリーランスのプログラマであれば、住む場所は都会などである必要はありません。インターネットに繋げられれば仕事ができますので、費用のかからない地方に住めばその分だけ生活費を抑えることもできます。逆に東京が好きであれば東京でもかまわないわけです。会社への通勤に縛られることがないため、住む場所が限定されなくなることは、フリーランスにとって大きなメリットです。住む場所の選択が広がるというのは、既に説明した「休む曜日と日数を選べる」ことや「勤務時間と休憩時間を選べる」と同じようにフリーランスのメリットです。独立を目指すのであれば一つの知識として知っておいてください。

独立したいと思ってる人におすすめ

PAGE TOP

Copyright © 2015 集まれ!独立志望プログラマ All Rights Reserved.